2021年【アクアウィズ徹底解説】利用料金やノルマ・解約金は?コーヒーが直接作れるウォーターサーバーとは?

コーヒーメーカーとウォーターサーバーの一体型マシン「アクアウィズ(AQUAWITH)」。コーヒーの抽出方法やお手入れの仕方、ウォーターサーバー機能について詳しく解説します!

ネスレ共同開発!ウォーターサーバー一体型マシン

「アクアウィズ(AQUAWITH)」はコーヒーメーカーとウォーターサーバーが1台で楽しめる全く新しいマシン!ネスレで人気の「バリスタ」「ドルチェグスト」でコーヒーが淹れられるのはもちろん、冷水・温水のウォーターサーバー機能も使える優れものです。

アクアウィズはタンク給水不要!コーヒーの味もアップ

コーヒーメーカーとウォーターサーバーが一体になると、冷水・温水が使えて便利なのはもちろん、コーヒー抽出時のタンク給水も不要になるというメリットがあります。

通常のコーヒーメーカーだと、使う度にいちいちタンクへ水を入れる必要がありますが、一体型機種は本体にセットした水ボトルから直接コーヒーを抽出。12Lの大容量ボトルを1度セットするだけで、最大約85杯分ものコーヒーを作ることができます。

また、美味しいコーヒーには美味しい水が不可欠ですが、アクアウィズの水は水道水を特殊なRO膜フィルターでろ過した「ミネラルウォーター(RO水)」なので、コーヒーの味をしっかり引き出すことができます。

そのため、最近では普通のコーヒーメーカーを使っていた方も、メリットの多い一体型に切り替える方が増えているようです。

 

アクアウィズ以外のサーバー一体型機種は?

ちなみに、同じウォーターサーバー一体型機種だと「フレシャスSlat+cafe」も人気があります。アクアウィズにはない常温水機能も使えるほか、富士山の天然水でコーヒーを淹れることができSlat+cafe全体的にアクアウィズよりも高機能でサービス自体の自由度も高い点が支持されているようです。

Slat+cafeおすすめポイント

・冷水・温水+常温水も使える
・高品質な富士山の天然水(アクアウィズはRO水)
・水ボトルが使い捨て(アクアウィズは回収型)
・水の配送日時が自由に決められる(アクアウィズは固定)
・デザイン性が高くおしゃれ
・UCC共同開発

Slat+cafeはこちら

アクアウィズは「バリスタ」「ドルチェグスト」の2種類

アクアウィズは搭載してあるコーヒーメーカーを、ネスレの人気機種「バリスタ」「ドルチェグスト」の2機種から選ぶことができます。コーヒーを安く飲みたい方はインスタントタイプの「バリスタ」、本格的なコーヒーやラテ・紅茶などの他のドリンクも楽しみたい方はカプセルタイプの「ドルチェグスト」がおすすめです。ちなみにフレシャスのウォーターサーバー一体型機種「Slat+cafe」はカプセルタイプです。

アクアウィズ バリスタ

インスタントコーヒーの入った専用パックを機械に差し込んで使うタイプ。コーヒー1杯あたり15円~とコスパがいいため、オフィスなど比較的使用人数の多い方に人気。

アクアウィズ ドルチェグスト

コ―ヒー粉の入った専用カプセルをセットして抽出するタイプ。コーヒー1杯あたり55円~とバリスタに比べるとやや高め。カプセルの種類はコーヒーの他に、ラテや紅茶、ココアなどもあるため、色々なドリンクを飲みたい方に人気。

アクアウィズの利用料金は?

アクアウィズの利用料金は①【安心サポート料(本体レンタル料)】+②【水代】+③【コーヒー代(バリスタ1杯15円~/ドルチェグスト1杯55円~)】での3つで構成されています。

例えば月に水2本(24L)使う場合は、①【3,000円(税込3,300円)/月】+②【2,600円(税込2,808円)※2本】=合計【5,600円(税込6,108円)】がコーヒー代を除いた基本の月額料金となります。

 

安心サポート料(本体レンタル料)

通常コースで3,000円(税込3,300円)/月、2年割プランで2,000円(税込2,200円)/月です。違いは解約時のルールで、通常コースは1年更新:1年未満の解約で解除料6,000円(税込6,600円)、2年割プランは2年更新:2年未満の解約で解除料10,000円(税込11,000円)が発生します。

※契約は自動更新なので注意。

水代

水の容量が2種類から選べます。価格は12Lだと1,300円/本(税込1,404円)、7Lは1,000円/本(税込1,080円)です。定期配送ではなく、無くなったら注文する都度配送。配送本数にノルマはありません。

コーヒー代

ネスレのコーヒー定期お届け便に自動契約となります。2カ月に1回の配達頻度で、バリスタはコーヒー詰め替えパック1本(32杯分)568円(税込613円)~、ドルチェグストはコ―ヒーカプセル4箱(64杯分)3,920円(税込4,234円)~となります。

※最低3回は受け取らないと解約金が発生するので注意。

アクアウィズで注意が必要なところ

水筒への給水が難しい

これはデザインミスなのでは?と思ったのが、水筒への給水が難しいところ。給水口~受け皿までの高さが14㎝しかないので、ボトルに水を入れたい時にはかなり傾けないと難しいです。

コーヒーの抽出音がうるさい

コーヒーを抽出すると、結構大きな音がするのが気になりました…。Slat+cafeはコーヒーを淹れても静かだったのになぜ?

本体代が月2,000円以上かかる

アクアウィズは本体代金が毎月毎月2,000円(税込2,200円)、契約によっては毎月毎月3,000円(税込3,300円)発生します。おなじウォーターサーバー一体型機種のSlat+cafeは常温水機能等も付いて約半額の1200円/月なので、アクアウィズは正直高いな…と感じました。

コーヒーの定期購入が必要

アクアウィズを申込むと、ネスレのコ―ヒー定期お届け便が自動契約になる上、最低3回は受け取らないと解約金が発生します。使ってみてコーヒーが美味しくなかった場合に、ちょっとやっかいかも。

水の配達日が選べない

例えば「平日の水曜日にしか配達できない」というエリアもあるようなので、共働きだと受け取りが難しかったり、用事が入れづらいなどの不便さがあるようです。Slat+cafeの場合は、通常の宅配サービスを利用して水が届くので、日時指定・再配達可能です。

まとめ

アクアウィズはコーヒー1杯あたり15円~(水代抜き)抽出できるので、ウォーターサーバー機能付きでとにかくコーヒーを安く淹れたい!という方におすすめです。

ただし、先ほど挙げた「機種代金が高い」「水の配達日の融通が利かない」といった注意点もあるので、気になる方はSlat+cafeを選ぶといいですね。

今月のピックアップ

本格コーヒーメーカー人気TOP3

  • 1位1位

    ツインバード

    CM-D457B

    ツインバード CM-D457B

    レジェンドの味をご家庭で!
    全自動でデザイン性も◎

  • 2位2位

    フレシャス

    Slat+cafe

    フレシャス Slat+cafe

    UCC共同開発!本格コーヒー
    お手入れ簡単NO.1!

  • 3位3位

    シロカ

    カフェばこ

    シロカ カフェばこ

    コンパクトさ抜群◎
    50万台突破の人気商品