1万円以下のお気軽マシンネスレ バリスタ 50コーヒーメーカー総合評価

 

昭和の時代から愛され続けてきたインスタントコーヒー、ネスカフェ ゴールドブレンド。その歴史を讃える50周年記念モデルとして発売されたネスレ バリスタ50には、コーヒー文化を育んできたネスカフェの思いが詰まっています。この特別なコーヒーメーカーをユーザーがどう評価し、どんな風に使っているのか、実態を調査してみました。

ネスカフェゴールドブレンド発売50周年記念モデル

ネスレ バリスタ50は、ネスカフェ ゴールドブレンドの50周年を記念して、2017年に発売されたモデル。ネスレ バリスタDuoと同様に、インスタントコーヒーの進化系として誕生したレギュラーソリュブルコーヒーをより美味しく、豊かな香りで楽しむための専用のコーヒーメーカーです。

 

 

ネスレ公式オンラインショップでの本体価格が7091円(税込)というお手頃なコーヒーメーカーでデザインもおしゃれ。スマホ専用のネスレアプリにもBluetoothで連動できる賢さも◎。お得な「エコ&システムパック定期お届け便」も利用できるので、ネスレ バリスタシリーズのコーヒーメーカーを試してみたいという人には、Duoよりも気軽に使えるこちらの方がおすすめかも。

 

ネスレ バリスタ50 おすすめポイント

レギュラーソリュブルコーヒーをマシンで美味しく抽出

ミルクフォーマー付き

コンパクトボディで4色展開

好みの味が作れるスマホ専用アプリに対応

詰め替えカートリッジはお得な定期便あり

ネスレ バリスタ50のメニューは3種。ブラックは濃さも調整可

 

ネスレ バリスタ50の正面には左から4つ並んで、コーヒーメニューのボタンがあります。ブラック、ブラックマグ、カフェラテ、カプチーノとありますが、ブラックはカップのサイズ違いなので、実質的なメニューは3種類です。

 

ブラックコーヒーの濃さは、湯量で調整することもできます。メニューボタンを長押しして、好みの量になったところで再びボタンを押すだけという簡単操作です。この方法を使えば、湯量を減らした濃いめのコーヒーを氷を入れたカップに注いでアイスコーヒーも作れます。

 

おすすめの詰め替えカートリッジは、厳選したアラビカ豆100%のネスカフェ ロースタリー ダークロースト。しっかりした深煎りのコクと贅沢な味の余韻を楽しめるネスカフェ最上級のレギュラーソリュブルコーヒーです。アイスコーヒーには、ネスカフェ ゴールドブレンド コク深めかネスカフェ エクセラを。氷でキンキンに冷やしたアイスでも、挽き立ての味と香りを楽しめますよ。

 

ネスレ バリスタ 50は牛乳を使ってアレンジレシピも!

ネスレ バリスタ50には、カフェオレやカプチーノが作れる高圧ジェットノズルのミルクフォーマーがついています。同シリーズのコーヒーメーカー、ネスレ バリスタDUOはミルク専用のタンクにネスレブライドをセットしましたが、このコーヒーメーカーはコーヒタンクしかないので、まず始めに、カップにネスレブライトのパウダーを入れ、高圧ジェットノズルから出るお湯でふわふわに泡立ててから、コーヒーを抽出します。

 

そこで、応用編です。このコーヒーメーカーに付いているミルクフォーマーで、牛乳を泡立てたら? そうなんです、ネスレ バリスタ50は本物のミルクたっぷりのカフェラテやカプチーノも作れるコーヒーメーカーなんです。ユーザーコメントを調べると、牛乳にチョコレートシロップを加えてカフェモカにしたり、マシュマロを入れてマシュマロミルクコーヒーにしたり、いろいろなレシピをアレンジしている人も多いらしく。ネスレアプリのホームページには、切り抜きの型紙を使ったラテアートの作り方なども紹介されています。好みの機能が最小限だからこそ、使い方を工夫して楽しめるこの手軽さこそ、ネスレ バリスタ50の魅力なのかもしれませんね。

コンパクトボディのコーヒーメーカーはおしゃれな4色展開

 

 

ネスレ バリスタ50は、給水タンクに2Lも入るネスレ バリスタDuoと比べると、かなりコンパクトなコーヒーメーカー。幅15.5×奥行30.6×高さ32.3cmと、横幅が特にスリムなので、キッチンのちょっとしたスペースにもすっぽりと収まりそう。それでも、タンクの容量は800mLあるので十分といえますね。

 

 

ネスレ バリスタ50は、プレミアムレッドのほかに、ピュアホワイトとウッディブラウンもあります。また、過去には期間限定でシャンパンゴールドも販売されていたので、ネスレの公式オンラインショップ以外のamazonや楽天市場などで購入することができるようです。

 

 

専用アプリにも対応。プレゼントにも最適なコーヒーメーカー

 

ネスレ バリスタ50も、他のバリスタシリーズのコーヒーメーカーと同じように、スマホ専用のネスカフェアプリと連動できます。本体で調整可能な湯量も、このアプリを使えば、いつでも再現可能。カフェラテやカプチーノの泡立ちも自分好みでカスタマイズできます。

 

 

ネスカフェ アプリにはもう1つ、便利な機能があって、家族や友達を登録しておくと、いつコーヒーを楽しんだのか、どんな味が好みなのか、離れていてもお互いの近況を知ることができるんです。例えば、その情報をもとに、友達が好きなコーヒーをプレゼントしたり、遠くで暮らす家族の安否確認にも使えそう。

 

ネスレ バリスタ50は、同シリーズの他のコーヒーメーカーのようにタッチパネルではなく、ボタン式なので、視力が弱い人にも使いやすいと好評です。ならば、高齢の両親への贈り物にいかがでしょう? ネスカフェ アプリもスマホにセットしてあげれば、ちょっとした定型文のメッセージ交換もできるので、見守りツールとしても活用できますよ。

 

ネスレ バリスタ50のデメリットは?

エスプレッソのメニューボタンがない

ネスレ バリスタ50で作れるメニューは、ブラック、カフェラテ、カプチーノのみ。本体にエスプレッソメニューのボタンはありません。ただし、ネスカフェアプリを使えばエスプレッソメニューも淹れられるので、スマホで連動できれば問題ないようです。

 

抽出部は分解して毎日、洗浄。コーヒー計量器も週1でお手入れ。

ネスレ バリスタ50はネスレ バリスタDuoよりコンパクトな分、毎日洗浄するパーツは少なめですが、分解したり、取り付けたりという作業はやっぱり、面倒。コーヒータンク内部のコーヒー計量器はレギュラーソリュブルコーヒーのパウダーが付着しやすいので、こまめにチェックして、ブラシや布で取り除く必要がありますし、汚れはひどい場合は水洗いして、一昼夜乾かす手間も。クリーニングボタンも付いていますが、メンテナンスの手間が省けるわけではないようですね。

 

ミルクフォーマーを使用した時の音がうるさい。

カフェラテやカプチーノボタンを押して、ミルクフォーマーを作動させると、驚くほど大きな音が。早朝、深夜や赤ちゃんがいる部屋では使いたくないと思ってしまうほどの騒音です。ミル付きのドリップコーヒーメーカーでもないのに、どうしてこんなに大きな音が出るのでしょう‥‥。ついでに、ミルクの飛び散りも気になるレベルかも。

 

まとめ

 

 

ネスレ バリスタ50はコンパクトで使える機能も限られていますが、使う人のこだわりや工夫次第で、実力以上の真価を発揮するコーヒーメーカー。本体価格もリーズナブルなので、贈り物にも最適。アプリをみんなで共有すれば、コーヒーレシピを交換したり、お得な情報をおすすめしたり、繋がる楽しさも広がりそうです。

 

 

コーヒーは単なる飲み物ではなく、カルチャーです。せっかく美味しいコーヒーを淹れるなら、1人で独占するより2人でシェアした方がうれしいし、家族や仲間が集まる憩いの場にも思い思いに使えるコーヒーメーカーが1台あれば、楽しい時間がぐんと増えます。そういう意味では、個人使いのアプリで繋がるネスレ バリスタ50より、同じ時間と空間をその場にいる人たちとリアルに分かち合えるスラット+カフェの方が、幸せ度が高いコーヒーメーカーと言えるかも。ステイホームな今だからこそ、多彩な楽しみ方ができるスラット+カフェで、みんなが笑顔になれるささやかな幸せを分かち合いたいですね。

今月のピックアップ

コーヒーメーカー人気TOP3

  • 1位1位

    ツインバード

    CM-D457B

    ツインバード CM-D457B

    こだわり派はコレ
    自分だけの味を追求して

  • 2位2位

    フレシャス

    Slat+cafe

    フレシャス Slat+cafe

    自宅での使いやすさNO.1
    抽出が楽すぎて感動!

  • 3位3位

    シロカ

    カフェばこ

    シロカ カフェばこ

    一人暮らしにも◎
    コンパクトさ重視の方に