マニア向け!ツインバード「CM-D457B」コーヒーメーカーの実力解説!

ツインバード「CM-D457B」は老舗の珈琲専門店「カフェ・バッハ」監修の全自動コーヒーメーカー。メリット・デメリットなど気になるポイントをご紹介します。

 

 

ツインバード「CM-D457B」とは?

ツインバード「CM-D457B」は、老舗の珈琲専門店「カフェ・バッハ」が監修したことで、発売当初から話題になった全自動コーヒーメーカー。マスターの田口護さんは、世界的に有名な“コーヒー界のレジェンド”で、そのノウハウが凝縮されています。

 

こんな人におすすめ!

■豆から挽ける全自動機種がいい

■コーヒーの淹れ方にこだわりたい

■抽出に時間がかかってもいい

■お手入れの手間は気にしない

 

 

 

ツインバードのメリット・良い点は?

 

メリット①
豆/粉どちらでも抽出できる

ミル付きのため豆から抽出できるのはもちろん、粉からでも淹れられます。通常のコーヒーメーカーとほぼ変わらず、抽出方法は大きく5ステップです。抽出の手間は平均点といったところ。

 

▼ツインバード コーヒーの作り方▼
【1】タンクに給水
【2】紙フィルターをセット
【3】豆/粉を入れる
【4】挽き方/豆or粉/湯温/杯数を設定
【5】ボタンを押す、完成。

 

【抽出が簡単!おすすめ機種】

・FRECIOUS Slat+cafe(スラット+カフェ)

 

 

 

 

メリット②
豆の挽き具合が3段階調整できる

初心者でも迷わず選べる粗・中・細の3段階設定が可能です。濃いめにコーヒーを入れたいときは「細」、薄めなら「粗」などその日の気分で変えられます。低速臼式フラットミルなので、豆の風味を損ないません。

 

 

メリット③
湯温が2種類「83℃」「90℃」

多くのコーヒーメーカーが湯温を選べないなか、ツインバードは83℃と90℃の2段階設定が可能!83℃はまろやかな味わい、90℃は香りと深みが増すとのこと。ただし湯量の調整はできません

 

 

メリット④
抽出過程が楽しめるユニークな作り

上部パーツとドリッパーの間に少し隙間が空いていて、抽出過程が見えるユニークな作り。挽いた豆やお湯が落ちていく様子を見ながら、コーヒーができる工程まで楽しめるデザインになっています。

 

 

 

ツインバードのデメリット・悪い点は?

デメリット①
コーヒー抽出に時間がかかる

コーヒー1杯あたりの抽出に7分近くかかるので朝など時間がない時には正直使いにくいです。気軽にコーヒーを淹れたいという方は、抽出時間の短いコーヒーメーカーのSlat+cafeやパナソニックがおすすめです。

 

 

 

デメリット②
お手入れがちょっと面倒。。

抽出するたびに、ドリッパーやガラスサーバー、ミルなどの複数パーツのお手入れが必要で大変です。ハンドドリップの方が器具が少なくてむしろ楽だった…という意見も。長く使うものなので、毎日使っても苦にならないか要注意。

 

【お手入れ簡単おすすめ機種】

・FRECIOUS Slat+cafe(スラット+カフェ)

 

 

 

 

 

デメリット③
給水タンクが取り外せない

ツインバードは給水タンクが取り外せません。長く使うとカルキが溜まって白くなってしまうことも。衛生面が気になる方は、給水タンクが取り外しできるコーヒーメーカーや、そもそも給水タンクいらないSlat+cafeなどの機種がおすすめです。

 

 

ツインバード「CM-D457B」まとめ

ツインバード「CM-D457B」はコーヒーの淹れ方にこだわりたい本格派におすすめのコーヒーメーカー!挽き具合や湯温の調整が細かくできるのは嬉しいですね。逆に、コーヒー初心者の方は操作が分かりづらいかもしれません。

 

また、抽出時間が長かったり、お手入れが大変なので、手軽にコーヒーを淹れたい方は他のコーヒーメーカーの方がいいかも。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

今月のピックアップ

コーヒーメーカー人気TOP3

  • 1位1位

    ツインバード

    CM-D457B

    ツインバード CM-D457B

    こだわり派はコレ
    自分だけの味を追求して

  • 2位2位

    フレシャス

    Slat+cafe

    フレシャス Slat+cafe

    自宅での使いやすさNO.1
    抽出が楽すぎて感動!

  • 3位3位

    シロカ

    カフェばこ

    シロカ カフェばこ

    一人暮らしにも◎
    コンパクトさ重視の方に