沸騰浄水コーヒーメーカー パナソニック NC-A57 人気の秘密をチェック!

1万円代で買える全自動コーヒーメーカーの中では最強とプロの間でも話題のパナソニックNC-A57。カフェインレスのコーヒーを豆から淹れられるデカフェ機能やお手入れのしやすさなど、特に評価が高いポイントを使う人目線で検証しました!

パナソニックNC-A57は粉/豆どちらでも抽出できる!

コーヒーメーカーはコーヒー粉で淹れるもの、豆を挽くミル付きのもの、コーヒー豆を粉状にしたカプセル専用のものがありますが、パナソニックのNC-A57は粉と豆のどちらにも対応。豆挽きから抽出、洗浄までぜんぶお任せの全自動です

コーヒーの材料は水とコーヒー豆だけですから、良質なものにこだわった方がおいしいのは当然ですが、このパナソニックNC-A57は、水道水でも、安いコーヒー豆でも、おいしいコーヒーが淹れられるコーヒーメーカーだとプロにも評判です。

 

パナソニックNC-A57おすすめポイント

☑水道水のカルキを除去する沸騰浄水機能付き

☑豆挽きから抽出、浄水まで全自動

☑リッチ、マイルド、デカフェも選べる抽出コース

☑煮詰まり軽減機能付き

☑お手入れパーツは取り外して丸洗い可能

☑本体価格が1万円代

水道水のカルキを除去する沸騰浄水機能付き

コーヒーを抽出する前に水を沸騰させて、活性炭フィルターに通す沸騰浄水機能は、水道水のカルキを90%カット。コーヒー豆も均一に挽けて雑味も少なく、抽出機能もかなり優れているので、安いコーヒー豆でも香りとコクをうまく引き出し、手軽に本格派のコーヒーが楽しめます。

 

とはいえ、コーヒーをよく飲むなら、どうしても残ってしまうカルキが気になるし、カルキを除去するメンテナンスの手間も面倒。これは浄水タイプのコーヒーメーカーでは解決できない問題です。でも、天然水のウォーターサーバー付きコーヒーメーカーなら?

スラット+カフェは、ウォーターサーバーでありながら、コーヒーメーカーとしての機能も内蔵。富士山の天然水を使っているから、浄水タイプのコーヒーメーカーとは比較にならないほど、コーヒーの味わいがクリアでまろやか!もちろん、面倒なカルキ除去も関係なしです! おいしくて手間いらずなら、スラット+カフェを選びたいですよね。

パナソニックNC-A57の抽出コースはリッチorマイルド 

パナソニックの全自動コーヒーメーカーの最新モデル、NC-A57は80℃以上の熱々のコーヒーをリッチコース、マイルドコースから選べます。

リッチコースを選ぶと、酸味が少なめのビターな味わいに。マイルドコースは、口当たりがまろやかな味わいに仕上がります。どちらも雑味がなく、後味がクリアと、コーヒー業界のプロにも評判です。また、豆を挽いている時にふんわりと漂うコーヒー豆の香りも、甘く華やかで、まるで珈琲専門店にいるかのよう。おいしそうな香りに、淹れ始めた瞬間から期待が高まるコーヒーメーカーです。

デカフェコースも選べるコーヒーメーカー

パナソニックNC-A57の抽出コースはもう一つ、カフェインレスのデカフェも選べるんです。わざわざ、デカフェ豆専用の機能を付けている全自動コーヒーメーカーは、パナソニックNC-A57だけ。

 

デカフェの味は物足らないと感じる人も多いのですが、スッキリとしたかなり本格的な味わいです。抽出時間は普通のコーヒー豆より少しかかりますが、その分、豆のコクを出しているようですね。デカフェ機能付きのコーヒーメーカーは、夜寝つきにくい人や妊婦さんなど、カフェインが気になる人にはおすすめですよ。

豆の挽き具合と酸味調節で自分好みの味に

フィルターを付け替えてコクと苦味を調整

パナソニックNC-A57は、リッチ、マイルド、デカフェの3通りの抽出コースで十分楽しめますが、もっと自分好みを追求したいというコーヒー好きなら、ミルのメッシュフィルターを付け替えて豆の粗さを調整するという手もあります。購入時は中細挽きのフィルターがセットされているので、バスケットを開けて粗挽きのフィルターに付け替えると、マイルドはよりまろやかに。リッチも渋みをおさえた味わいに。

 

サーバーの酸味調節レバーで酸味を調整

パナソニックNC-A57は、ガラス容器のサーバーのフタにもおいしく淹れるためのこだわり機能が。このフタには交換不要のミネラルフィルターが付いているのですが、酸味調節レバーを使って、ソフトとストレートの2つの味わいに切り替えられます。

 

つまり、ストレートは豆本来の酸味のままですが、ソフトにすると、抽出したコーヒーがミネラルフィルターを通過するので酸味が抑えられるという・・・・・・といっても、普段使いでここまで気にすることはないかも。説明書をよく読んだり、お掃除している時にふと気づく、コーヒーマニアに教えてあげたいこだわりポイントですね。

煮詰まり軽減機能付きで淹れたての味をキープ

全自動コーヒーメーカー、パナソニックNC-A57の温度調整はマイコン制御。コーヒーを淹れたあとに自動で保温温度を低くする煮詰まり軽減機能が付いています。たとえば、ティーパーティなどで豆にこだわっておいしいコーヒーを淹れた時。30分後に自動で保温温度が下がり、そのまま2時間経つまで、煮詰まらないように温度を適切にコントロールし、淹れたてのおいしさを保ってくれるんです。

パナソニックNC-A57のお手入れパーツは丸洗い可能

毎日何回も使う全自動コーヒーメーカーはかなり汚れます。匂いが残って、雑菌が増えないように、こまめにきれいにしなければなりません。パナソニックNC-A57は、お手入れがしやすいようにパーツを丸洗いできるタイプです。

 

コーヒーメーカーを使ったあとは、コーヒー粉のカスが入ったペーパーフィルターを捨て、バスケットを取り外して洗うだけ。容器も洗いやすいガラス製です。水道水のカルキがつきやすく、定期的なお掃除が必要な給水タンクも、取り外して丸洗いできます。さらにはメンテナンスが一番面倒なミルは、豆を挽いてドリップで抽出したあとに自動洗浄してくれるという優れものです。

パナソニックNC-A57のデメリットは?

おしゃれとは言えない家電なデザイン

パナソニックNC-A57は、味は良いのにビジュアルがイマイチという声が多数。どっしりと重苦しい、古臭くて昭和っぽい、無機質でオフィス仕様に思えるなど。素敵なキッチンやダイニングには映えないデザインということで、女性目線で大きく減点。

 

親切なのに分かりにくい水量・豆量目盛り

パナソニックNC-A57には、コーヒー豆の計量シールが付属で付いています。それによると、ホットコーヒー1カップのリッチ&マイルドの豆の適量は1・4/1杯で、デカフェ豆なら1・2/1杯。マグカップ用ならリッチ&マイルドの豆は2杯、デカフェ豆は2・2/1杯・・・・・・ちょっとややこしくて余計に迷いそう。

しかもこのシール、取り扱い説明書には「本体に貼ってください」とありますが、できれば貼りたくないビジュアルです。さらに、給水タンクの水量目盛りにもマグカップ用の分量が記してあるのですが、なぜかタンクの内側にあり。給水タンクを外さないと水の量が見えませんよね・・・・・。

 

抽出時間が遅すぎる

コーヒー1杯分の抽出時間は、取扱説明書によると、マイルドが約6分、デカフェ豆で約7分。ある実測調査ではどちらも7分超えで、パナソニックNC-A57の抽出時間は他のコーヒーメーカーに比べるとかなり遅いというレポートも。マックス容量の5杯では11分を超えてくるので、さすがに遅すぎです。

ちなみに同じドリップ式のコーヒーメーカーの中でもダントツで速いのは、スラット+カフェの約1分50秒。シロカ SC-C122も約2分30秒となかなかの速さです。他のコーヒーメーカーは5分以上かかるので、出勤前に1分でも早くという人は、この2台が良いですよ。

 

パーツごとのお掃除方法がいろいろ

淹れ終わった後のお手入れは簡単なコーヒーメーカーかと思いきや、パナソニックNC-A57には洗わなければならないパーツがいくつもあります。水道水を浄水するための活性炭フィルターと、ミネラルフィルター効果があるガラス容器のふたは、水洗い。豆容器のメッシュフィルターはスポンジを使って洗剤で。というように、洗いわけもマストです。

公式ホームページには各パーツの洗い方が動画で説明されていますが、これはつまり、ちゃんと理解してお手入れしてくださいという注意事項。いろいろなパーツを取り外しできる点はよいとしても、洗う手間が省けるコーヒーメーカーではないということですね。

お手入れ簡単!おすすめコーヒーメーカー

フレシャス Slat+cafe  ・コカ・コーラ &Drip

まとめ

ドリップ式の全自動コーヒーメーカー、パナソニックNC-A57の最大の魅力は、コーヒー豆本来の香りとコクを引き出す本格的な味わいと言えるでしょう。デカフェ機能までついて本体が1万円代というコスパの良さも人気のようです。水や豆のクオリティにこだわらず、毎日気軽に使いたい。デザインよりも、使い勝手重視という人は満足できるコーヒーメーカーだと思います。

 

とはいえ、お店のような味わいを楽しむために、わざわざコーヒーメーカーを買うわけですから、せめて水にこだわるなら、浄水機能付きではなく、天然水で気軽にいつでも淹れられるウォーターサーバー式のコーヒーメーカーをおすすめします。

スラット+カフェは、天然水のウォーターサーバーと全自動のコーヒーメーカーが1台2役。抽出時間もパナソニックNC-A57の3分の1と、スラット+カフェの方がはるかに早く、コストもパナソニックNC-A57は1杯90円弱ですが、スラット+カフェは天然水の水代を含めても1杯40円程度。長く使うことを考えると、スラット+カフェの方が絶対的にお得ですよ。

今月のピックアップ

コーヒーメーカー人気TOP3

  • 1位1位

    ツインバード

    CM-D457B

    ツインバード CM-D457B

    こだわり派はコレ
    自分だけの味を追求して

  • 2位2位

    フレシャス

    Slat+cafe

    フレシャス Slat+cafe

    自宅での使いやすさNO.1
    抽出が楽すぎて感動!

  • 3位3位

    シロカ

    カフェばこ

    シロカ カフェばこ

    一人暮らしにも◎
    コンパクトさ重視の方に